2009年7月24日金曜日

雨は降っても心は錦 ”チムチム食堂”です。

明日は雨のようですが
変わりなく美味しいものを用意します。

明日のお題は・・・
”真夏の多国籍カフェテラス”です。

一枚のお皿に
おかずを4種類のうち2種類
ご飯を2種類のうち1種類
それぞれ選んでいただき召し上がっていただくシステム。

ラインナップはこちら
■メインメニュー
・タンドリーチキン:インド代表
・サーモンのロミロミ:ハワイ代表
・エトゥリ ノフット(豚肉とヒヨコ豆のトマト煮込み):トルコ代表
・魚と夏野菜のラタトゥーユ:フランス代表
の4品

■ご飯
日本の誇り”白米”(w
あと、ターメリックライス
の2種類

コレにサラダと
お口直しのデザートが付きます。
ちなみにデザートは
”アイスクリーム”です。
牛乳とココナッツを合わせ
パイナップルとバルサミコ酢を煮詰めたソースをかける感じ。
ほんのり甘く、甘酸っぱいアイスです。

豪雨をいう予報ですが

明日は”cholon”さんから
虹を出したいと思います。

お楽しみに。

video
※今回はメニューの画像がないので
アイスの製造動画をお楽しみ下さい。
サスペンス風の仕上がりです。


cholon”さんでの月一回のイベント”チムチム食堂”
日程:7/25(土)
場所:札幌市中央区南1条西12丁目ASビル2F(電車通り沿い、南向き)
営業時間:11:00~17:00


2009年7月14日火曜日

時代の流れが染み込んだ”昔”の物との出会い

先日”Siesta lavo”さんにおじゃましました。

また、いつもとは違う空間。

7/9から7/12まで
7月のfika ~サッポロッピス vol.3~」と題して
イベントが行われていました。

北欧アンティーク雑貨のweb shopをしている

Piccolina”さんと

Anorakcity”さんの

雑貨たちが並んでいました。

まじまじと見てると・・・
ぐぐっと伝わってくる

お二人の話を聞きながら
並んでいるものを見ていると
時代の流れが見えてくるような・・・

手に取ると
物の重みではない
”重さ”がズシンと。


”アンティーク”っていうイメージを
僕はお二人の想いのおかけで
心地の良い形となって覆りました。

すごくいいものなんですね。

チムチムのお弁当をより美味しく運んでくれそーな
そんな木箱に出会えたので
パートナーに選びました。

僕よりかなりの先輩。
1920年の木箱。

彼にたくさん人生のアドバイスをもらいながら
皆さんにお弁当を運びたいと思います。

彼がどんな人かは
お楽しみです。





お二人のweb shopです↓
”Piccolina”さん
http://piccolina.ocnk.net/

”Anorakcity”さん
http://anorakcity.ocnk.net/

ホントにいいものばかり。
一度ノックしてみて下さい。

2009年7月11日土曜日

愛が調味料 "チムチム弁当” 始動です。


このたび
”チムチム弁当”の開始日が決定いたしました。

お待たせいたしました。

開始日は
7月21日(火)となります。


”チムチム弁当”は完全予約制で
僕がみなさんのもとへお届けに伺います。
みなさんの希望日を月単位で伺い
その日にお届けするシステムです。
もちろん、1個からでもOKですよ。

お弁当スタイル
配達エリアは中央区中心で
ご相談頂ければと思います。
基本価格は1個 500円。
月12個以上のご注文は1個 480円です。
お米は”蘭越産ななつぼし”のお米を使用

どんぶりスタイル
”1コインでカラダにやさしい お弁当”
をコンセプトに提供いたします。
スタイルも曜日によって異なります。
■お弁当スタイル
月・火・木


カレー曜日
■どんぶりスタイル


■カレー


と、写真は例ですが、こんな感じであります。


試食の受付は、7/13日より開始いたします。
(試食の配達は7/16日以降となります)
どーぞ、お気軽にお問い合わせ下さい。



みなさんのランチが笑顔になりますよーに・・・




チムチム弁当問い合わせ先
TEL:011-556-0836
(月~金 9:00~18:00)
E-mail:chim-chim@kta.biglobe.ne.jp

些細なコトでもお答えいたします。
お気軽にお問い合わせくださいね。

2009年7月8日水曜日

"おかえり~” の 儀式

友達がなが~い出張から帰還したので
”よろこびの儀式”を焼肉でやりした。

場所は東区の老舗”島田屋

通って10年になります。

焼肉の評価は様々ですが
ここは”味”と”価格”のバランスが絶妙。

特に”ジンギスカン”は絶品です。

最近は”生ラム”などが主流ですが
昔ながらの”漬込み”という観点から
ここの味はかなり美味しい。

まんぷくでお店を出ても
寝る頃にまた食べたくなる。
タレのコクが、かなりあとひきます。

ホルモンにしろ

カルビにしろ

タレですよ、タレ。

あっ、カルビは
”中落ちカルビ”がいいですよ。



場所:札幌市東区北38条東8丁目
営業時間:17時~翌日4時
(日・祝:16時~翌日1時まで)
定休日:無休
TEL:011-731-6608

最近は支店も様々のようです。
僕は本店しか行ったことがありませんが・・・






2009年7月5日日曜日

”いつか”ぶりの”ノンビリ”

今日は勇気を振り絞って
休養しました。

天気はいまいちだったけど
なんか心は晴れ晴れしました。

”さとらんど”でチャリを借り
ブンブン乗り回して
のっぱらにゴロン。

バッタの友達が出来たので
友達目線で写真をパチリ。
せっかく出会ったし、
一緒に見た景色を忘れないよーに。


帰って創作料理。
ムシムシで食欲がイマイチだったので、ソバ。

カツオと鶏でダシとって
梅と生姜を入れて一煮立ち。
鶏を甘味噌で和えて
双方冷蔵庫へ。

キンキンに冷やして出来上がり。


あー、楽しかった。